インプレッサWRXSTI 14年式 走行80000km

Pocket

インプレッサWRXSTI 14年式 走行80000km

14年式のインプレッサWRXSTIは、2002年11月のマイナーチェンジで涙目と言われるヘッドライトの形状に変更されました。前の2002年5月に販売されたインプレッサWRXSTIは、丸型のヘッドライトでしたが、このマイナーチェンジでどこが変更されたのでしょうか?販売状況など気になるところです。

14年式インプレッサWRXSTI【2002年11月(平成14年11月) 発売モデル】特徴

涙目形状へマイナーチェンジ

14年式インプレッサWRXSTI【2002年11月(平成14年11月) 発売モデル】は、2002年のマイナーチェンジで、ヘッドライトが涙目と言われる形状へと変更されました。 1

    主な変更点は、

      ヘッドライト:円形ではなくなり長方形の形状に変わりました。
      エンジン:水平対向4気筒DOHC16バルブと2種のターボチャージャーが搭載されま

    した。

      駆動方式:4WDのままですが、電子制御の性能がアップしたため操作性が良くなりました。
      安全装備:デュアルエアバッグやプリテンショナー&ロードリミッター付きシートベルトを装備しています。これは、WRC(※1)参戦を通じて得たノウハウが活かされています。

今回のマイナーチェンジで、安全性、マシンパフォーマンス、操作性の改良は、海外からも走りが楽しくなると高評価を得ています。スポーティセダンのインプレッサの名を世界に知らしめました。 2

※1. 世界ラリー選手権

14年式インプレッサWRXSTIの口コミ

14年式インプレッサWRXSTI【2002年11月(平成14年11月) 発売モデル】の口コミを集めてみました。
人気の車だけにかなりの高評価を得ていることがわかります。
売りに出されれば、すぐ買い手が付くのも頷けます。

【総合評価】
ノーマルでも一般人なら充分のパワー&曲がり&止まり!

【良い点】
とにかく加速が凄い!特に1速2速のフルスロットルはジェットコースター並みのスリル!

【悪い点】
GC系に比べて音がおとなしくなっている。
3

念願のインプレッサを手に入れました。
レガシィからの乗り換えですが気持ちよく走れるとてもイイ車です。
サーキットを走るのが楽しみですね。
4

ドコドコ音とインプレッサ

スバル車と言えば、ドコドコ音です。ドコドコ音というのは、エンジンを吹かした時の音のことです。ドコドコ音の歴史は古く初代レガシィのころからの伝統サウンドのようです。このサウンドが好きで、主に若者層を中心に一気に拡大したと言われています。WRCでもドコドコ音を炸裂させての優勝したことから、ファンの間では「ドコドコ音=最強」の図式が成り立っているようです。インプレッサWRXSTIが今でも人気なのは、そういった理由もあるのかもしれません。 5

まとめ

この希少価値の高い「インプレッサWRXSTI」の14年式。しかも走行距離が80000km程度のスポーツカーを探すのは、非常に難しいと思います。あったとしても法外な値段で取引されてそうです。しかし、GTNETでは、そんな心配は無用です。「インプレッサWRXSTI」はもちろんのこと、その他にもいろいろ希少価値の高いスポーツカーを取り揃えています。スポーツカー専門店だからスタッフの知識も豊富でいろいろな相談や質問にも答えてもらえると思います。購入したらかもアフターサポートしてもらえるのでとっても素敵なお店です。あなたのお探しの「インプレッサWRXSTI」は見つかります。